尿路結石をキャットフードで予防できるって本当!?

怖い!尿路結石

Posted on 2017.04.26 by 管理者

キャットフードには猫のさまざまな疾患や症状を予防したり、緩和したりする機能があるものがあります。中でも、猫は泌尿器系の疾患にかかりやすいので、そういった対策のあるフードが人気です。猫がかかりやすい泌尿器疾患の代表といえば尿路結石です。具体的にはどのような症状なのでしょうか。

尿路結石とは、尿管や腎臓などに小さな石のような塊(結石)ができる病気です。非常に強い痛みがありますが、猫は痛みを我慢するので発見が遅れがちです。具合的な症状としては、尿の色が普段よりも褐色がかり、排尿の回数が増えます。尿が猫砂がキラキラしている場合は、排尿の様子を必ず確認してください。粗相をしたり、排尿中にうづくまったり、声をあげるなどをすると要注意です。尿が出ない場合は生命にも関わる状態なので、急いで動物病院を受診しましょう。

尿路結石は尿の成分と大きな関わりがあります。尿がアルカリ性に傾いたり酸性に傾いたりすることで結石ができやすくなります。尿のphバランスを保つことが尿路結石の予防につながります。
尿路結石は癖になりやすく、また遺伝しやすいという特徴があります。またメス猫よりもオス猫の方が尿道が細長く、形もカーブを描いており、先端が細くなっているため結石が詰まりやすい傾向があります